サブメニュー

講習会申込用紙
問い合わせメール
余白

ゴルフ 一般教養講座 (別途、通信制有り)

日本ゴルフ大学校のゴルフ講座の受講対象者は、ゴルフ愛好家のすべての方々です。

ゴルフに興味を持って、これからゴルフを始めようとする方から、長年プレーをしてきたシングルプレーヤーまで、すべての方々を対象としています。

ゴルフ大学校は、幼稚園・小学校の初等教育から大学院クラスの高等教育までの内容を網羅しており、
入学に際し、ゴルフ各分野における面接試験とゴルフ技量の確認を行い、「初級・中級・上級」等の
振り分けを行い、基本的なカリキュラムに沿って講義を実施しております。 但し、受講生のニーズに
合わせたカリキュラムを用意し、弾力的に対応出来るようにしています。

講義は、基本的にゴルフ大学校専任講師の座学(学習プログラム)と、JGIS日本ゴルフ指導者協会
認定指導者の実践講座(実習プログラム)に分けて行います。 また講義内容の一部は、斯界の権威とされる外部からの講師を招聘しています。

2.講義内容

No. 講義タイトル 講義概要
ゴルフの美学、哲学、倫理学、人生学 ゴルフの本質、美、倫理、思想を学習し、ゴルファーの理想像を考え、
人生としてのゴルフを極める
ゴルフの歴史 諸国や地域におけるゴルフ発展の歴史を学ぶ
ゴルフの社会学、経済学、経営学、法学 ゴルフに係わる社会現象、ゴルフ場等の経営、商取引、法律関係
について学ぶ。
ゴルフの心理学 ゴルフに係わる心理現象、メンタル・タフネス、強くなるための心の鍛え方を学ぶ。
ゴルフの医学、生理学、栄養学、保健学 ゴルフプレーで生じる生理現象、病理的現象の予防と治療について、またゴルフに係わる栄養学的現象の基礎について学び、合わせてゴルフ向きの身体作り、コンディショニング、筋肉トレーニング、ダイエットの方法などを学ぶ。
ゴルフコース概論 ゴルフコースの造成、改造、監修、維持管理についての工学的、農学的、歴史学的研究を行う。また、名コースの条件について考え、
内外の名コースについて情報を得る。
ゴルフの教育学 ゴルフを通しての全人教育について学習する。幼児の教育、発達に係わる部分から老年期から始めるゴルフを対象に、生涯スポーツとしてのゴルフの可能性を研究、学習する。また、ゴルフを通しての社会福祉についても学ぶ
ゴルフ・スイング理論およびゴルフの
生体力学(バイオメカニズム)、
ゴルフの指導法
ゴルフ・スイングを基礎から、科学的に広く深く学ぶ、また指導者の指導方法も併せてを学ぶ。
ゴルフの技術と練習方法、ラウンド術、試合戦術 ゴルフプレーの技術的側面に照準を当て、ドリル等その練習方法を学び、またスコアアップのためのラウンド時の心構え、試合での戦術など
勝つための秘訣について学ぶ
10 ゴルフ用具論 ゴルファーと用具の関係について諸現象を学ぶ。
①クラブ論 ②ホール論 ③衣服論 ④練習補助用具論
11 ゴルフ情報論 ゴルフに関する情報現象、メディアとの係わりについて学ぶ。
12 ゴルフ競技規則論 ゴルフ規則の成り立ち、規則の詳細、適用の実際について学ぶ。
13 ゴルフ大会運営論 ゴルフ大会の運営に関する必要な事柄を学ぶ。
14 ゴルフの技能測定評価、技能分析と
診断について
スイングの解析方法、ハンディキャップの算出やスコア管理などについて学ぶ。
15 芸術作品におけるゴルフの研究 ①ゴルフ文学の研究 ②ゴルフ映像の研究 ③ゴルフ美術の研究
④その他の芸術分野におけるゴルフの研究

3.講習受講料

総額費用 : 151,000円 (税別) ※諸経費、資料代を含みます。

4.実習プログラム(午前の部)

(1)打撃練習
   ・飛球法則と応用スイングの実践

(2)特殊な状況におけるスイング技術
   ・傾斜地等

(3)ショートゲームの技術
   ・アプローチショット、バンカーショット、パッティング等

4.実習プログラム(午後の部)

 総合ラウンド実習

 ※ 実習プログラムは、別途費用が発生します。

お申し込み方法

講習会へ参加ご希望の方は、下記より『FAX申込書」をダウンロードし、日本ゴルフ大学校事務局まで、FAXもしくは郵送にてお申し込みをお願いします。

お申し込み受付後、内容を確認の上、事務局より開催日等をご連絡いたします。

ダウンロードが出来ない場合は、別紙に
 ・「講習会 申し込みの種類」  ・お名前 ・ご住所 ・電話番号 ・FAX番号
をご記入の上、下記FAX番号まで、お送りください。

講習会申込用紙

NPO法人 JGC 日本ゴルフ大学校
 〒104-0033 東京都中央区新川2-6-3-302

   TEL:03-3553-6868
   FAX:03-6280-5484

トップへ戻る