心と技術でゴルフ指導者を育てます。
JGIS NPO法人 日本ゴルフ指導者協会内閣府認可一般財団法人職業技能振興会所管団体
ホーム 指導者育成講座 募集要項 指導者育成講座 カリキュラム・基本日程 協会のご案内 指導者紹介
指導者育成講座 カリキュラム・基本日程
一般財団法人 職業技能振興会
 
JGC NPO法人 日本ゴルフ大学校
 
ISPS 一般社団法人 国際スポーツ振興協会
 
JBGA 日本ブラインドゴルフ振興協会
 
日本ゴルフ学会
 
大栄カントリー倶楽部
 
ナリタゴルフコース
 
カリキュラム

1. 講義内容

科    目 単 位
プロ アマ
1. 指導者としての条件
8 8
2. 指導の方法  グリップ  アドレス  基本スイング 10 6
3. 各種基本ドリルの理解と指導方法 14 6
4. パッティング・ショートアプローチ
 特殊なショット&各種エラーの矯正ドリル
10 4
5. スイング指導方法
 基本と応用の違いを理解する重要性
 飛ばすパワーとスイングにおけるバイオメカニクス
 打飛球の物理法則  メンタルトレーニング
18 8
6. ゴルフ規則の座学と実践、ゴルフの歴史 8 3
7. ラウンドレッスンとプログラムの作成(プレースタイル) 6 3
8. ツアープロと指導者の違いについての理解 6 2
合計単位 80 40
※必修科目を除き修得単位80%で筆記試験を実施します。

2. 審査
筆記試験 プロの部 : 90分  アマの部 : 60分
基礎理論 スイング形成の基本ドリル各種
模範演技審査 スイングのポジショニング  理論に基づく模範的デモプレー
指導実演審査 模擬指導(グリップ・アドレス・スイングと各種ドリルについて)
技量審査(原則) 技量:18ホールプレー
 
ノン-プロフェッショナルゴルフ(ボランティア)の部
男性/ 67歳までレギュラーティ使用
68歳以上ゴールドティ使用
  90ストロークまで合格
92ストロークまで合格
女性/ 49歳までレギュラーティ使用
50歳以上レディスティ使用
  94ストロークまで合格
96ストロークまで合格
プロフェッショナルの部

男子マスター資格者は各年齢のティ使用
女子マスター資格者は各年齢のティ使用
  78ストロークまで合格
79ストロークまで合格

男性/ レギュラーティ使用   85ストロークまで合格
女性/ レディスティ使用   85ストロークまで合格
3. 審査のポイント
筆記試験と、指導者としてのプレースタイルを重視します。
4. その他
全単位を履修した後、全審査に合格した方に、資格認定証を発行します。
ライセンスカードは、2年ごとに更新します。
資格認定者は、有効期限内に当協会主催するプレースタイルとルール研修会に出席し、
  つねに指導技術の向上をはかること、また、新しいゴルフ情報を身につけることが義務づけられます。
基本日程
受講お申込み
面接・受講資格審査
合格通知(カリキュラム他同封)調整
主任講師決定とスケジュール調整
受講料振込入金確認
講座開始
技術指導 → 指定練習場
理論指導 → 指定教室 
各種審査
 
合  格
 
不 合 格
 
認定証授与
ホームページ掲載
 
合格課目は2年間有効
不合格課目のみ再審査
 
 
認定証授与
 
ラウンド審査のプレー費用は自己精算です。
ラウンド審査《再審査》の費用は自身のプレー費用の他に 30,000円 必要です。
 
 
Copyright (C) 2012 NON-PROFIT ORGANIZATION JAPAN GOLF INSTRUCTORS SOCIETY. All Rights Reserved.